足にフィットする靴を選ぶ

サイズを知ることが重要

赤ん坊と靴

赤ちゃんの足は未発達であるため、大人の足よりもやわらかく、大人と同じような靴選びでは赤ちゃんの足の成長に影響を与えてしまうことがあります。
足の成長を妨げないためには赤ちゃんの足にフィットしたベビーシューズを選ぶのがポイントです。
ベビーシューズを選ぶときは、赤ちゃんの足のサイズをきちんと測ってから購入するようにしましょう。
サイズは必ず立った姿勢で測るようにします。
かかとからつま先までの長さ、横幅、甲の高さの3つをチェックしましょう。
自分で測るのに自信のない方は、靴の専門店でシューフィッターに測ってもらうのがおすすめです。
サイズだけでなく、足のタイプも教えてもらえるので、今後の靴選びの参考になるでしょう。
初めてのベビーシューズの場合は、つま先に0.5cm〜1cmほど余裕があり、親指が反り返せるものを基準に選びましょう。
つま先に余裕があると足指を動かしやすいので、歩きやすく、歩行のバランスが取りやすくなります。
歩き始めたばかりのよちよち歩きの赤ちゃんは、つまづいて転んでしまうことがよくあります。
ベビーシューズはつま先が引っかからないように反りがあるものを選ぶようにしましょう。
また、赤ちゃんのかかとの骨はまだやわらかいので、かかと部分がしっかりした素材や作りのものを選ぶのがおすすめです。
足の甲の部分はマジックテープで足首を固定しているタイプは歩きやすく、歩き始めの赤ちゃんの足しっかりサポートしてくれます。

様々な種類がある

親子

寝返り・ハイハイ・立てるようになったなど、赤ちゃんの成長を感じる場面はたくさんあります。
そのなかでも一番大きな成長の場面といえるのは、やはり歩けるようになることではないでしょうか。
歩けるようになると目が離せなくなりますが、そのぶん赤ちゃんの行動範囲がぐんと広がります。
その際に考えるのが、ベビーシューズの購入です。
赤ちゃんの成長は早いので、ベビーシューズも大きめのものを用意しようと考えるかもしれません。
しかしベビーシューズは赤ちゃんの足の大きさのものか、少し余裕がある程度のものをお勧めします。
赤ちゃんは頭が大きく、体のバランスをとるのが難しいものです。
歩きはじめは転ぶことも多いでしょう。
大きすぎるベビーシューズを履いていると、さらに転びやすくなってしまう可能性があります。
赤ちゃんの成長に合わせて買い替えてあげると良いでしょう。
ベビーシューズも高いものからお手頃なものまであります。
値段が高いものは有名なブランドやシューズメーカーが作っている場合が多く、性能や機能にこだわりをもっています。
お手頃価格のベビーシューズは、汚しても神経質にならず買い替えやすいという利点があります。
赤ちゃんの成長やベビーシューズを履く場面に合わせて、種類を選ぶと良いでしょう。
足をホールドしてくれるかっちりとしたシューズ、通気性のいいメッシュタイプのシューズ、柔らかく弾力性のあるシューズなど、その種類は多岐に渡ります。
外を歩く前の練習として部屋の中で履くベビーシューズもあるので、そちらからはじめてみるのもお勧めです。

清潔が大切です

赤ちゃん

赤ちゃんの成長速度はとても早いので、ファーストシューズはすぐにサイズが小さくなり履けなくなってしまうものです。
しかし第2子や第3子を予定している場合は大切に保存しておくことで、次の子たちのベビーシューズとしても使うことが可能です。
ただ保管方法にはそれなりに注意が必要な点はしっかりと押さえておきましょう。
まずベビーシューズを保管する際は丁寧に水洗いします。
この際に靴紐がある場合は紐を外して別々に洗うようにすることが大切です。
次に洗剤をしっかりと泡立てて洗い、泥汚れや汗をしっかりと洗い流します。
洗ったベビーシューズは陰干ししてしっかりと乾燥させましょう。
ベビーシューズがしっかりと乾燥したら中に新聞紙などを丸めて入れておきます。
新聞紙を丸めて入れておけばベビーシューズに湿気が溜まるのを防ぐことができるほか、長期保存による型崩れも防止することができます。
また靴箱にしまう際はできるだけ紙箱に入れるようにしましょう。
紙箱に入れることでベビーシューズを乾燥から護ることができ、次の子が使用するまでしっかりと靴の柔軟性を維持することができます。
紙箱をすでに捨ててしまっている場合は木綿のきんちゃく袋などでもよいでしょう。
また梅雨時など湿度の高い日が続く季節は定期的に靴箱から出して陰干しします。
定期的に陰干ししておくことで、ベビーシューズに嫌な臭いが付着するのを防ぐことができるほかカビなどが繁殖するのを予防することができます。