Baby store-shoes selling

足に合ったベビーシューズを選ぶなら|サイズをしっかり確認しよう

赤ちゃんの靴はどんなもの

赤ちゃんの靴えらび

ベビーシューズ

赤ちゃんと一言でいっても、月齢により発達段階は違ってきます。
赤ちゃんが成長して靴を必要とするのは、つかまり立ちをするくらいからではないでしょうか。
一般的には生後半年を過ぎた頃と思われます。
ベビーシューズは外で活発に動くようになると、機能面を重視して選びますが、初めて履かせる際は、室内向けのデザインが多いのではないでしょうか。
ベビーシューズは、履きやすいように開口部が大きくなっています。
デザインも可愛らしいものが多く、マジックテープでとめられるものが主流です。
本格的に動かないうちは、必要ないかと思われるベビーシューズですが、目を離すと裸足でうろうろしてしまうので、やはり1足は用意しておきたいものです。
初めてはかせるベビーシューズは、外で活発に動く用途ではないためか、価格も安めとなっています。
1000円以内で買えるものもあるので、とりあえず用意する時に利用すると経済的です。
本格的に動くようになってくると、機能面を重視して購入する必要があります。
動きやすく、ぬぎはきのしやすい、汚れても洗いやすいものが良いのではないでしょうか。
種類も何種類か必要になってきます。
雨の日用に長靴も必要ですし、冬用にブーツなども揃えなければなりません。
また、子どもは足のサイズがすぐ変わってしまうので、少し大きめのものを用意しておいたほうが無難です。
ベビーシューズは、あまり履かないうちに小さくなってしまうので、フリーマーケットなどできれいな状態のものをみかけることも多いです。
フリーマーケットなども、上手に利用しましょう。

ジャストサイズを選択

ママと赤ちゃん

赤ちゃんでもよちよち歩きができるようになったら、外出時にベビーシューズをはかせる人が多いです。
赤ちゃんの足を守るためには必要ですが、サイズ選びを間違ってしまうと足の骨の発育に重大なダメージを負わせてしまいます。
というのは、赤ちゃんの骨は柔らかいので、無理やり履かせてしまうと骨が曲がってしまうので注意が必要です。
赤ちゃんは歩き方がしっかりしているわけでもなく、ふらふらとしてもいるので、ベビーシューズは曲がりやすい柔らかいものを選びます。
また、靴を履かせるときに手間取ってしまうと、赤ちゃんが嫌がって靴嫌いになってしまいやすいので、着脱しやすいものを選びます。
ただ、赤ちゃんが歩いているときは脱げにくいものになることが大切です。
赤ちゃんはすぐに大きくなってしまうので、ベビーシューズも大き目なものを購入して長く使いたいと思ってしまいますが、赤ちゃんにとって大きすぎる靴も足に負担がかかるだけのものになります。
なので、ジャストサイズのものをこまめに買い替えることになります。
1歳から2歳の時は3か月に1回のペースで、3歳になったら半年に1回のペースで買い替えるのが理想です。
ベビーシューズの売れ筋は3000円程度のものになりますが、有名メーカーのものになると6000円以上のものもあります。
靴選びは親がすることになりますが、赤ちゃんは自分の気に入るデザインでないと嫌がって履かないこともよくあります。
その日によって好きなデザインも変わってくるので、常時2、3足用意していると便利です。

社会支援に役立てよう

赤ん坊

赤ちゃんはすぐに大きくなるので、ベビーシューズはすぐに履けなくなってしまいます。
まだ十分に使える状態のベビーシューズなら、親戚や友人のお子さんに譲るという方も多いでしょう。
身近に小さなお子さんがいない場合はリサイクルを活用するのがおすすめです。
リサイクルショップやフリーマーケット、ネットオークションを活用すれば、おこづかいを稼ぐこともできますし、エコにもつながります。
しかし、リサイクルショップなどの場合は、状態の良いものでないと買い取りしてもらえないことがあります。
少し傷みのあるベビーシューズなら、海外の恵まれない子どもたちに寄付をするという方法があります。
大手百貨店やスーパーではリサイクルを推進しており、サイズの合わなくなった子どもの靴の下取りサービスを行っています。
その店舗の売り場で使用できる割引券と交換してもらうことができるので、お得に買い物することができます。
子供服や紳士服、婦人服など、百貨店によって割引券を使用できる商品に違いがあります。
下取りされた靴は海外の途上国の子どもたちに寄付されるので、社会支援に役立てることができます。
リサイクルショップ買い取りを断られた靴でも、この下取りサービスなら状態の悪い靴でも下取りしてもらえるので安心です。
ベビーシューズのかかとに子どもの名前を書いてある場合でも、海外に送られるので個人が特定される心配もありません。
ボロボロになって履けなくなったベビーシューズは、ごみとして処分するしかないですが、収集方法は地域によって異なります。
靴の素材で可燃か不燃に分かれる地域もあるので、市町村のホームページで確認してからごみ出しすると良いでしょう。